【FX】トレード日記 収支報告 -103.4pips ポンド円 ショート

こんにちは、たけんちです。

ポンドの値動きは本当に難しいですね。汗

今回のトレードでは-103.4pipsあっという間に損切りさせられてしまいました。

エントリーはトリプルトップのネックライン割れショート、下値をヒゲで切り下げてから反転上昇していき、月末のロンドンフィックスで一気に溜まったショートを焼き殺しに上昇して…刈り取られてしまいました。

それでは、今回のトレードの一部始終をご覧ください。

1.エントリー前

1h足チャート

□なぜそこに指値を置いたのか?

 •左端の赤丸のポイントでもみ合いをしていて、右側の赤丸ではダブルトップのネックになっていることから、そのポイントを下抜けたらロングの損切りが溜まっていることも予想され、一気に下落に転じるのではないか?と仮説を立て、画像右側の緑の水平線の少し下(135.270円)に売りの逆指値(Sell stop)を置きました。

日足チャート

□チャート分析

•日足チャートでは、直近高値を「最高値」として、右下「安値」のポイントで切り返して「戻り高値」を付けに行っている様に見えます。

•3本の移動平均線が一か所に集まっていることから、節目になる可能性もあり、画像赤丸のポイントで反転下落に転じると判断しました。

2.エントリー

1h足チャート

□エントリー根拠

•チャート形状はトリプルトップ(三尊天井にも見える)を形成し、ネックラインを下抜けしました。

•日足で見ても上昇トレンドからトレンド転換していると判断。

3.決済

損切りになりました。

□決済理由

•直近高値の上に置いていたストップロスに刺さって決済しました。

•エントリー時に決めたストップロスなので、ルール通りの決済ですが、やっぱり悔しい。。。

4.決済後の値動き

1h足チャート

□その後の値動き

•損切り後、利益確定売りが出て反落。

•フィボナッチ38.2付近で反発して再度上昇中

5.総括

決済後の画像を見ると、底値で売って高値で買い戻していることが分かります。

反省点としては、エントリーした位置を「安値」として、再度その「安値」を切り下げるまでエントリーを待つべきだったのではないかと思います。

保有時間 8時間

久しぶりの損切りになりましたが、仕方のないことですので「必要経費」と捉えて、今後も粛々と(?)トレードを続けて行きたいと思います。涙

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう