【FX】トレード日記 収支報告-110pips ユーロ円 ロング

また損切りか…10月に入ってから連敗続きだ…

もぉしっかりしなさいよぉ!

わたしのお小遣いまだぁ?

最近めっきり勝てなくなって家族からの冷たい視線を浴びております…汗

天井で買って、底で売る

このパターンがしばらく続いています。

我慢の時だと信じて、しばらく冷静にトレードしていきたいと思います。

エントリー前10/8(木曜日)12:00

日足チャート

1h足チャート

エントリー10/8(金曜日)17:10

□エントリーポイントの根拠

  1. 日足で三尊天井を形成し、一旦安値をつけてから反転上昇を見せている
  2. 一時間足で直近高値をブレイクしている
  3. 日足、一時間足ともに下値を止められている価格帯があり、そこまで下げる売りの勢いはないと判断。
  4. 一時間足で上値の重たい価格帯を抜けているので、買いの勢力が強いと判断

□指値注文

利益確定 / 126.000

エントリー / 124.900

損切り / 123.800

□その通貨の抱える情勢はどうだったのか?

エントリーした時点では、コロナ対策支援を拡張させていましたので欧州に買いが入りやすいイメージを持ってロングエントリーを判断していました。

次第に英国とのブレグジッド交渉期限が迫るにつれて、暗雲が立ち込めてきたかのように、バッドエンドのシナリオを市場が織り込み始め、売りが優勢な状況に変わって来てしまいました。

コロナの再感染が欧州に広がっているのも向かい風になってしまったと思います。

途中経過

10/13(火曜日)4:25

直近の安値を下抜けてしまいました、この時点で損切りも検討しましたが、ローソク足を200SMAがサポートしていましたので、そのままホールドを決意。

10/13(火曜日)23:30

更に新たな安値を付けて下方向への勢いが加速してきてしまいました。

決済10/14(水曜日)10:15

仲値を終えてドル売り、ユーロ売り、ポンド売り、つまり

円買い???リスクオフに傾いてあえなく損切りとなってしまいました。

□想定していた値動きになったのか?

エントリーは直近高値をブレイクしたポイントでしたし、上値の重たい価格帯を上にブレイクしていますので、買いの勢いは優勢だと判断出来ました。

その後徐々に売りが優勢になり、英国とのブレグジッド交渉が決裂しそうな報道が出始めて、相場のムードは一気に売り方向へ傾いたのではないかと思います。

事前にそこまで想定していませんでしたが、損切りのポイントとしては前回大きく反転している価格帯を下抜けたポイントになりますので、想定通りの損切りとなります。

総括

高値で買って、底値で売る「スタイル」のトレードを3~4回続けています。

通貨ペアはポンドとユーロなので、ファンダメンタルズ要因をテクニカルに落とし込めていないのが原因だと思われます。

エントリー、利確、損切りの位置としては、セオリー通りですので、イレギュラーが続いている訳でもありませんので、今後も粛々とルール通りのエントリーを繰り返していきたいと思います。

今年の年間収支もマイナスに転じてしまっていて、家族から冷ややかな目で見られ始めていますので…ここらで一丁頑張りたいと思います。

□保有時間等

2日と12時間(土日除く)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう