【FX】トレード日記 収支報告 +19.9pips ポンドドル ショート

•日付

9/22火曜日祝日

•通貨ペア

ポンドドル

•ロット数

0.1lot(1万通貨)

•トレード方向

売り

•指値セット

15:00

1h足

日足

•エントリー


16:10

直近安値の下に仕掛けて置いた逆指値に刺さってエントリー。

•トレード根拠

日足で直近安値を下抜けたことにより、トレンド転換が起きたため


1h足でも直近安値をブレイク、下方向への力が強いと判断。

•予定SL・TPの位置


SL

1h足で2つ前の高値の少し上

TP

エントリーからTPまでと同じpips

•途中経過

9/23水曜日(二日目)

5:00

一旦踏みあげられてからSL手前で反転して再度下落へ

15:15

SLを直近高値の上に移動

•決済

22:00

当然のごとく溜まったショートを刈りとられて、終了。

後から見返しても、そこに損切りが溜まっているのは一目瞭然。。。

•勝ち負け

建値撤退

•獲得PIPS

+19.9pips

•エグジット後の値動き

9/24木曜日(三日目)

8:00


•保有時間(日数)

1日と6時間


•総括(振り返り)

なぜあの位置にストップを移動したのか?

仕事をしながらスマホでチャートを見ていて、順調に下方向へトレンドが伸びていましたし、80pips程含み益が出ていました。

安心して直近高値の上まで一気に2段飛ばしでストップを移動したら、あっさり刈られてしまいました。

以前にも何度も同じ失敗をしていて、流石に今回は反省しても仕切れないトレードになりました。

その後の画像を見ても、もみ合いながらまだ下方向への勢いは感じられますし、ビビッてストップを移動しなければ、もしくは直近安値付近で早めに利食っておけば、こんなことにはならなかったと思います。

ある意味損切りするより悔しい気持ちです。

何度同じ間違いを繰り返しているんだろう?

もうしない、絶対!ストップの移動。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう