超簡単!これさえ見ればFXで通貨の相関性が一目で解る!MT4チャートの見方と表示方法

こんにちは、たけんちです。

今回は「通貨の相関性」について解説していきたいと思います。

通貨の相関性」を知ることで、

今現在どの通貨が買われているのか?売られているのか?

どの通貨が強いのか?または弱いのか?

そして、今トレードするべき最適な通貨ペアは何になるのか?

と言ったことが分かるようになりますので、是非最後まで読んでいただけたらと思います。

はじめに

通貨の相関性を知るのに、下記のようなグラフをご覧になった事はありますでしょうか?

証券会社さん等で出されている「相関グラフ」になります。

こちらのグラフを見ていただければひと目で相関関係を知ることが出来る様に表示されています。

そして、一番高いところにある通貨と一番低いところにある通貨のペアを選択して売買すれば、相関性など考えなくてもトレードが出来てしまいます。

しかし、これでは自分の頭で通貨の相関性を理解することが出来ず、たとえグラフの通りに上にある通貨を買って、下にある通貨を売っていても、一向に勝つことは出来ません。

(私自身が身をもって痛いほど体験いたしました。)

なぜなら、こういったグラフでは、複雑に絡み合った各通貨ごとの関係性を理解することが非常に難しいからです。

更に、グラフの時間軸にもよって、日足レベルでの相関ではそれ程動きが無くても、1分足レベルでのグラフになりますと、目まぐるしく通貨の強弱が入れ替わって行きますので、使いこなせるようになるまでに相当な時間を要することになります。

そこで、みなさんが普段ご覧になっているMT4チャートを使って、もっと簡単に通貨の相関性を分かりやすく表示するコツをご紹介したいと思います。

MT4チャート表示方法

まずはこちらのチャートをご覧ください。

チャート画像1

こちらは、主要4通貨(ドル、円、ユーロ、ポンド)の6組のペアを並べたものです。(すべて1h足で表示しています。)

左上、ドル円    真ん中上、ユーロドル  右上、ポンドドル

左下、ユーロポンド 真ん中下、ユーロ円   右下、ポンド円

になります。

先ずは、「チャート画像1」の左下に表示されている通貨ペア名を以下の順番に並べ替えて、真ん中上にある「赤い四角」で囲った並べ替えボタンをクリックしてみてください。

すると、「チャート画像1」と同じ並び順になると思います。

その後、チャート左上にある「ファイル」→「チャートの組表示」→「名前を付けて保存」→「好きな名前を付ける

として頂けると、「チャート画像1」の真ん中下にある長細い赤丸の所に今付けた名前が出てきます。

私は「相関チャート」と名付けています。

チャートの見方その1

それではどの様にしてこの通貨ペアの並びから相関関係を紐解いていくのか見ていきましょう。

チャート画像2

こちらは先ほどの「チャート画像1」を3分割に色分けしたものになります。

左のオレンジの枠

こちらは、上がドル円、下がユーロポンド、になっています。

そして、このオレンジの枠には4通貨すべてが入っています。

•全通貨グループ

画像に書いてある「ドル↑」は、ローソク足が上に行くと、ドルが上がっている状態を意味しています。

言い換えると、ドルが買われている状態、ドル高になっていると言う事です。

反対に、ローソク足が下方向「円↓」の方向へ向かっている時は、円が買われています。

円高になっていると言う事になりますので、反対のドルは売られている状態になります。

更に、下のユーロポンドのチャートも同じく、ローソク足が「ユーロ↑」の方向に向かっていれば、ユーロが強く、ローソク足が「ポンド↓」の右下の方向へ向かっていれば、ポンドが強く買われている状況になります。

まず初めに、このオレンジの枠の中にある4通貨を見て、ドル、円、ユーロ、ポンドの強弱のポジションを図ることから始めていきます。

チャートの見方その2

次に「チャート画像」の真ん中の紫色で囲ったグループを見てい行きます。

•ユーログループ

こちらは、上がユーロドル、下がユーロ円、になりますので、

ユーロが主役、ユーロに対するドル、ユーロに対する円、の強弱を図ることが出来ます。

ユーログループでは上下ともにどちらもローソク足が「ユーロ↑」の方向へ向かっています。

したがって、現在はドルと円よりユーロが買われている、ユーロが強い状態になっていることが分かります。

チャートの見方その3

続いては「チャート画像2」の右側緑の線で囲ったグループを見てみましょう。

•ポンドグループ

こちらは、ポンドとドル、ポンドと円の組み合わせになります。

こちらを見て頂いて分かる通り、上下ともにローソク足が「ポンド↑」の方向へ向かっていますので、ドルと円よりポンドの方が買われている、ポンドが強い状態であることが分かります。

チャートの見方その4

•ドルストレートグループ

更に、「チャート画像2」の上半分赤枠で囲った部分は、ドルと円、ドルとユーロ、ドルとポンド、の組み合わせになっています。

これらの通貨ペアを一般的に「ドルストレート」と呼んでいます。

こちらの赤い線で囲まれたグループは、ドルがその他の通貨に対して強いのか?弱いのか?買われているのか?売られているのか?を知ることが出来ます。

この「ドルストレートグループ」では、左上のドル円では、若干「ドル↑」の方向へ向かっていて、

真ん中は圧倒的に「ユーロ↑」の方向へ向かっています。

同じく右上も「ポンド↑」の方向へ向かっています。

したがってこのグループでは、ドルよりもユーロとポンドの方が強く、円に対してだけは若干ドルの方が強いことが分かります。

チャートの見方その5

•クロス円グループ

最後にこちらの黄色い線で囲ったグループでは、円に対してドル、ユーロ、ポンドの相関性を知ることが出来ます。

一般的に「クロス円」と言われるグループになります。

こちらの図では、左上は若干「ドル↑」が強く、真ん中下では「ユーロ↑」が強く、右下でも「ポンド↑」が強いため、他の3通貨よりも円が一番弱い状態が見て取ることが出来ます。

つまり、円がどの通貨からも売られている、と言う事になります。

まとめ

ここまで読んでくださった方ならお分かりかと思いますが、

仮に「クロス円グループ」で円が弱いから、と言ってドル円のロングを建てよう!とは思いませんよね?

ユーログループ」や「ポンドグループ」ではドルは他の通貨よりも弱かったのですから、どちらかと言えばユーロかポンドをロングするのがベストな選択になると思います。(絶対ではないですが)

そうなりますと、最初に見た「全通貨グループ」の下の「ユーロポンド」のチャートを見て、若干「ポンド↓」に傾いているように見えますので、そうなれば一番弱い円と、強いポンドの「ポンド円」のロングのエントリーを検討することが出来る訳です。

実際には、東京仲値や欧州時間オープンの時間帯、指標発表等で相関性が損なわれている事も多々ありますので、必ずしも相関性の通りの値動きになる訳ではありませんが、こちらの6通貨ペアのチャートを常に表示して監視し続けていただれれば、それぞれの通貨の特徴が分かるようになりますし、今どの通貨が買われているのか?売られているのか?を自分の頭で判断してトレードすることが出来るようになりますので、是非こちらの方法を試していただけたらと思います。

最初は何が何だかよく分かりませんが、慣れてしまえば簡単ですし、このチャートの配列を使えば一目瞭然ですので、自らで考えてどの通貨ペアにどちら方向へエントリーしたらよいのかを決められれば、勝ち組トレーダーへとまた少し近づけるのではないかと思います。

私も一日でも早くそんな勝ちトレーダーに成れる様に精進して行けたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう