【FX】スキャルピングOKとか言ってるFX会社ちょっと来い!【ユーザー目線で考えてみました】

FXのトレードスタイルには、「スキャルピング」と言われる超短期間にポジションを決済する手法があります。

秒スキャ」などと言われ、ポジションを持ってから数秒で決済をする方法です。

場合によってはその数秒間の間に何度もエントリーと決済を繰り返す場合もあります。

しかし、大抵のFX会社はこの「スキャルピング」と言われるトレード手法を認めていません。

なぜなら、顧客からの注文をカバー先のインターバンクに流す際に、そのポジションを数秒で決済されてしまうとシステムが追い付かず、場合によってはFX会社が多大な損失を被ってしまうことになるからです。

しかし、どんな注文方法であろうと顧客の注文を受け入れるのがFX会社としての役割なのではないでしょうか?

関連記事

こんにちは、たけんちです。 スキャルピングは数秒から数分でトレードを完結する超時短スタイルのトレードです。 短い時間でトレードを行うので、値動きの大きい通貨ペアを対象に、大き目のロットで少ない値幅をはぎ取りに行くのが王道のスキ[…]

金融庁の考え方

https://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20130809-3/01.pdf

実際に金融庁に対して以下の様な要望がなされています。

不正な売買等をしていないにもかかわら
ず、一方的に口座凍結を行うFX業者がいる。
例えば、短期売買(スキャルピング)で利益
を伸ばした場合に一方的に口座凍結が行われ
てしまうことがあり、適正に対処してほしい。

これに対し、金融庁は「貴重な意見として承ります。」としています。

つまり、金融庁としてもこのような事が行われていることを認識しているが対処はしていない、と言う事になります。

スキャルピングは悪い行為なのか?

ここ最近FX会社がこぞって「スキャルピングOKです!」を宣伝文句にしていますが、正直個人トレーダーがどんなスタイルでトレードを行おうが個人の勝手であって、スキャルピング自体が「不正な売買」ではないのにもかかわらず、口座を凍結してしまうFX会社が存在していることに納得がいきません。

更に下記の様に

業者にとって不利な
レートの時に「通信エラー」などの理由をつ
けて約定させない行為が挙げられる。FX 業者
は、通信上の障害では仕方ないと言い訳がで
きるし、約定速度を故意に遅くすることもで
きる。

など、スキャルピングをさせない様に、「通信エラー」などの理由で約定させない行為を行うFX会社も一部存在しているとの事です。

いわゆるB-Bookと言われる、顧客の注文をFX会社が呑んでカバー先に注文を流さないケースがあるとも聞きます。

そんな状況の中、個人トレーダーがスキャルピングで利益を得るにはどうすればよいのでしょうか?

顧客の正当な権利

どんなトレード手法を使って利益を得るかは顧客次第のはずです。

それなのに、「スキャルピングOK」という顧客が元々持っている正当な権利をあたかも、

「うちの会社はスキャルピングしても大丈夫ですよ!」

というFX会社が存在していることも納得できないのですが、

なんでそんなにFX会社って上から目線なの?

と思ってしまいます。

勝てない理由はFX会社にあった?

手数料無料、口座開設したら〇〇円キャッシュバック

FX会社のホームページで必ず見かける文句です。

その広告に釣られて口座を開設した顧客が、スキャルピングの様な思い通りのトレードをやり始めたら口座を凍結してしまったり、通信速度を遅くしたりしてしまう。

そんなことを平然とやっていたら、

個人トレーダーがFXで利益を出すことなど不可能になるのではないでしょうか?

これに対して、金融庁は何の指導もしていない。

利益を得る為に必死に取り組んでいる個人トレーダーをあざ笑うようなFX会社の身勝手なシステム自体に憤りを感じます。

安心して使えるFX会社

今回ご紹介するFX会社はそんな融通の利かない、顧客の考えを無視したFX会社とは一線を画し、顧客がスキャルピング等どんなトレードスタイルでも肝要に受け入れてくれるすばらしいFX会社になります。

先ずはスキャルピングはもとより連打注文まで推奨しているこちらのFX会社。

JFX株式会社

MATRIX TRADER

スキャルピングの実演でおなじみの小林社長がJFX独自の「マトリックストレーダー」というツールを使って丁寧に解説してくれています。

スキャルピングを推奨している日本で唯一のFX会社で、とても安心して口座を開設して頂くことが出来ます。

続いては、JFXの親会社

ヒロセ通商

FX

こちらも全面的にスキャルピングを推奨している優良FX会社です。

スキャルピングをして口座を凍結されたり、通信速度を遅くされたりと言った我々個人トレーダーに不利になるようなことはありません。

上記2社に関しましては、親子関係にありどちらの会社もスキャルピングを推奨していて、透明性の高いFX会社となっています。

これからスキャルピングをマスターしてバシバシトレードをしていきたい方にとっては安心して使える数少ないFX会社としてこちらにご紹介させて頂きました。

まとめ

スキャルピングをすると口座凍結や、通信速度を遅くされてしまう事案について、金融庁に対して適正に対処してほしいと要望を出していますが、金融庁からは「貴重な意見として承ります」として相手にされていない様子でした。

そもそもスキャルピング自体がFX会社に迷惑をかける行為とされていますが、とはいえFX会社にしても顧客の注文をノミ行為によって利益を出しているとの噂もあるほど不透明なところが多く、口座を開設した個人トレーダーがどんなトレード手法を使おうが顧客の自由ではないかと言った考え方もあります。

こうした事から、スキャルピングをされたくなければ一回ごとのエントリーに対して手数料を取ればいいのに、手数料は無料にし、尚且つキャッシュバックが〇〇円などの誇大広告で顧客を集めるだけ集めて、いざその顧客がスキャルピングを始めたら、口座を凍結してしまうと言う始末。

しかし、世も捨てたものではなく、

JFX株式会社

ヒロセ通商

では、スキャルピングや連打注文を公認していますので、安心して使えるFX会社として胸を張ってお勧めすることができます。

元々どんなトレード手法を使っても個人の自由なはずなので、改めて「スキャルピングOK」などと言われる筋合いもないとは思いますが、口座開設者全員がスキャルピングで連打注文をしまくってしまうと、FX会社のシステムが追い付かなくなってしまうなどの事情は想像できますので、一歩引いた目線で見ても、上記2社の対応は素晴らしいものがあると思います。

もし口座開設をご検討されている方は、JFX株式会社ヒロセ通商を是非一度試してみてはいかがでしょうか?

それでは、今回は以上となります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう