【FX】ポジポジ病はなぜ起きるのか?傾向と対策と治し方

こんにちは、たけんちです。

一度は誰しも経験した事のあるであろうポジポジ病ですが、ひとたびこの沼にはまってしまうと中々抜け出すのが大変です。

多くのトレーダーを悩ませている「ポジポジ病」について、原因はなんなのか?どんな傾向があるのか?そしてどうすれば治るのか?

解説していきたいと思います。

なぜポジポジ病になってしまうのか?

ポジポジ病とは

常にポジションを持っていたくなり、ポジションを持っていないと不安な気持ちになってしまいます。そしてチャートを見るとすぐにエントリーしたい衝動に駆られて、チャンスだと思ってエントリーしてしまい、結果的に損切りになり後悔してしまう現象です。

なぜポジポジ病になってしまうのか?

 •トレードが楽しいから

これに尽きると思います。トレードって楽しいんです!チャートを見たり、ファンダメンタルズ要因を調べたり、自分の思い通りの値動きになって利益が出た時を想像すると楽しい気分になるんです。

 •利益が出ると嬉しいから

FXを始めたのは利益を得る為ですから、エントリーしていないと当然利益はでませんよね?ですから実際に利益を得た経験があったり、またこれからどれだけたくさんの利益を手にするんだろう?と想像すると嬉しい気持ちになれるんです。

 •損失が出ると取り返そうという気持ちが芽生えるから

当然リスクがあるのが投資の常識ですので、損をすることもあります。しかし、その損失を取り戻すことが出来るのもFXの良いところであり、悪いところでもある訳で、損をすると熱くなって取り返そうとする気持ちが沸々と湧いてきてしまいます。

 •周りのトレーダーは儲かっているから自分も儲けられると思っているから

YouTubeやSNSには勝っているトレーダーや儲かっているトレーダーがほとんどです。たまに大きく負けていることを売りにしている方もいらっしゃいますが、基本的には自分が勝っているところしか見せない人が多いですから、それらを毎日見ていると「FXは儲かる」と思い込んでしまいます。でも身近なところを見て下さい、あなたの職場や友人でFXで勝っている話を豪語している人ばかり周りにいますか?

MATRIX TRADER

 •トレードに中毒性があるから

私は医師でも学者でもないので根拠のない話になりますが、FXトレードには中毒性があると思っています。しっかりとした根拠についてはメンタリストDaigoさんに聞いていただければと思いますが、パチンコ依存症ならぬFX依存症は存在すると思いますし、私はすでに症状が出ています…

 •トレードし過ぎて麻痺してしまっているから

スキャルピングをメインの手法にされている方には多いかもしれませんが、毎日何十回、何百回もエントリーと決済を繰り返していると、脳が麻痺してお金のやり取りをしている感覚がなくなってきてしまいます。(自分もそうでした)

 •たまに大きく勝てた時の記憶が鮮明に残っているから

普段スキャルピングで10~20pipsを狙ったトレードをしているのに、たまに50~60pips取れてしまう事ってあるんですよ。マーケットの傾きに乗れた瞬間などレートが一気に加速するタイミングにポジションを持っている時がそうなんですが、その経験が脳裏に焼き付いてしまって快感に感じているからなんです。

 •たまに大きく負けてしまったときの記憶も鮮明に残っているから

そしてその逆もあるんです。東京時間の終わりころに全然値動きがなくなってしまい、ポジションを持ったまま夕食の支度をし始めたりしてちょっとチャートから目を離していると、欧州が始まって一気に逆方向へ持っていかれてしまうとか、そんな経験をすると、その後ニューヨーク時間に「取り戻そう」としてまた不要なエントリーをしてしまうんです。

原因は何なのか?

 •機会損失を出したくないと考えている

ポジションを持っていないと「損をしている」と勝手に勘違いしてしまっています。ポジションを持っていないと言う事は、リスクを取っていないと言う事なので安全な行為なのですが、不思議と「エントリーしていれば儲かっていたのに」と思ってしまうんです。

 •逸失利益を取り逃がしていると考えている

上記とほぼ同じですが、「あそこでエントリーしておけばどれだけ儲かったのに」とか、「利益確定をもう少し引っ張ればもっと利益を伸ばせたのに」と言った心理が働いてしまいます。たらればと言うやつですね。

 •損失をすぐに取り戻そうとしている

結果損切りになってしまっても、その損切りが根拠に基づいたものであれば、トータル収支はマイナスにはならないと思います。もし「何となくヤバそうだから切った」とか、「そろそろ反転するだろう」と思って含み損に耐えていたとしたら、当然その後取り返そうという心理が働いてしまします。そしてそこがポジポジ病の入り口(エントリー)になります。

 •まだ上がる(下がる)と思って突っ込んでしまう

ひとたびポジションを持って含み益が出ていると、「まだ上がる」とか「もっと儲けたい」と根拠のない自信が生まれてきます。そしてその後反転して含み損になると「やばいどうしよう」とか、「こんなはずじゃなかった」と思って最終的に損切りします。この時芽生える様々な感情は確実にあなたをポジポジ病へといざないます。
 
なぜポジポジ病になってしまうのか?原因は何なのかを知ったうえで、これらの症状はどうすれば治していけるのかを解説していきます。

ポジポジ病の治し方

ポジポジ病の治し方

 •エントリーを我慢する

じっと我慢の子になりましょう!しっかりと待ってからエントリーする事。

チャートを見て今までエントリーしていたポイントや、ここでエントリーすると決めているポイントがあれば、そこから数ピプスでもいいので引き付けてからエントリーするように心がけてみて下さい。

 •我慢したらどうなったかを記録する

そして、我慢してしっかりと引き付けてからエントリーが出来るようになったら、それを記録して、以前のトレードとどう変わったのか変化の記録を見比べてみて下さい。きっとエントリーのポイントが明らかに違ってきていることに気付くと思います。

 •もしエントリーしていたら損益がいくらになっていたかを計算する

「たられば」になりますが、もしここでエントリーしていたらどうなっていただろう?と言った仮説を検証してみると劇的にポジポジ病がなくなり、根拠のないエントリーをしなくなってきます。

 •過去検証をする

検証ソフトを使って過去検証をすることで、エントリーの精度を上げる事が出来ます。さらには不要なエントリーをなくし、感情に任せたトレードをしなくなってきます。

おすすめはフォレックステスターのFT4

になりますが、無料の検証ソフトもあります。

Full-featured charting and analysis app for forex & CFD trad…

利用制限はありますが、メジャー通貨ペアでのエントリーポイントのみの検証でしたら十分な機能を備えていますので、是非お試しください。

 •エントリーしたいのか、利益を出したいのかを自分に問いかける

FXをやっている感を味わいたいのか?口座の資金を増やしたいのか?

改めてご自身の胸に手を当ててて問いかけてみて下さい。ポジポジ病になると単にFXをやっている感じを味わっているだけで勝てる様になっている訳ではありません。しっかりと自覚を持つことでポジポジ病は治ります。お酒を飲む人が自分だけはアルコール依存症じゃないと思っているのと同じです。是非とも自分がポジポジ病になっている依存症患者であることを自覚してみて下さい。

 •有名トレーダーの真似をしない

前述したとおり、有名な億トレーダーさんはいいところしか見せていませんので、真似をしても勝てませんし、自分も同じように出来ると信じてはいけません。「あの人が勝っているのだから自分も同じように勝てるはずだ、その為にはエントリーしなければ永遠に利益は出せない」と思う事は「宝くじは買わないと当たらない」と思っているのと同じです宝くじ(外れくじ)の購入代金を失っていることには目を向けていないんです。

有名トレーダーさんだって見えない所で損切りをしていますし、月間収支がマイナスになる時もあるでしょうから、表面上の良い所だけ見て自分も同じように出来ると思いこまなければポジポジ病から解放されるのではないかと思います。

LINEFX04

 •スキャルピングにはルールがあることを知る

スキャルピングは短時間に大きな利益を生み出せる魔法の手法ではありません。

しっかりと相場の原則や、為替の値動きの何たるかを理解していないと、マーケットの餌食になるだけです。ポジションを持つ時間が短いので、資金をリスクに晒す時間が短く、安全なトレードと思われがちですが、結果ポジポジ病になって資金の大半を失ってしまっている事実から目を背けないでください。

もしこのことに気付いて改善を試みるのであれば、過去検証を重ねてスキャルピングの手法で利益を出せる良い結果が出てから、実際の資金を投入していただければ、根拠のあるエントリーポイントでエントリー出来ますので、ポジポジ病とはおさらばできると思います。

 •エントリーは一種の麻薬だと思いこむ

ここまで読んでいただいてお分かりいただける通り、エントリーは一種の麻薬みたいなもので、中毒性があり、依存度が高く、一度掛かると中々治らない厄介なものです。

まずは自分が「ポジポジ病患者」であることをしっかりと自覚していただいて、改善を試みて頂きたいと思います。

具体的にどうすればよいのか?

 •自分のトレードを振り返る

前述のとおり、過去検証をして自分のトレードを振り返ってみてください。

それまでやっていたトレードと、過去検証をした後のトレードにどんな違いがあったのか?エントリーポイントはどう変わったのか?損益はどう変わったのか?

もし過去検証をした後で利益が出る様になっていたら、次は再現性を見つける努力をしてみて下さい。同じトレードを繰り返せるようになる事で優位性のあるトレードを心がけるようになりますし、不要なエントリーはしなくなります。

 •トレード日記(ノート)を取る

トレード日記を書くことで自分のトレードを振り返ることが出来ます。誰かに見せる為ではなく、自分だけが読みかえす日記ですので自由に書いていいと思います。

通貨ペア、エントリー根拠、勝敗、その時の心境などを詳細に書いていくと、自然と無駄なトレードをしなくなってきます。

 •エントリーポイントを明確にする

エントリーポイントは常に同じであるべきだと思っています。いくつかのパターンはありますので、2~3パターンの自分だけのエントリーポイントを持っていれば、それ以外でエントリーすることは皆無となってきます。是非自分だけのエントリーパターンを見つけて頂きたいと思います。

 •エントリー、利確、損切りの位置をまとめて(週単位、月単位)見返す

トレード日記を定期的に振り返ってエントリー、利益確定、損切りのポイントがどうだったのかを検証して、さらに検証ソフトで同じパターンのポイントでどういった結果が得られるのかを確かめて頂きたいと思います。

 •トレードルールを構築する

そうすることにより、自分だけのトレードルールが構築されて行きます。

ここまでくればもうほとんどポジポジ病から脱却して、無意味なエントリーはしなくなっているはずです。

 •勝ちパターンを繰り返す

後は構築したトレードルールに乗っ取って勝てるパターンをひたすら繰り返すだけになります。

もうこの段階になると「上がるかな?」とか「儲かるかな?」と言った感情とは切り離された全く違った感情でのトレードをしているはずですので、是非試していただきたいと思います。

傾向と対策

どんな人がポジポジ病になりやすいか?


 •熱くなりやすい人

人間だれしも損失が出たらナニクソ!と取り返したくなるものだと思います。

多少連敗していて「まぁ仕方ないか」と思っている人でも、ひとたび連敗が止まると、「よし!ここから取り返すぞ!」と思ってしまうものです。

そして熱くなってのめり込んでいくのは普通の感情です。

しかし、そんな落とし穴がたくさん仕掛けてあるのがFXだと言う事をしっかりと認識してトレードに挑んでいただきたいと思います。

 •損失をすぐに取り戻そうとしてしまう人

その日に出した損失はその日の内に取り戻して収支をプラマイゼロに持っていこうと考えてしまいがちですし、そう考えるのが普通の心理だと思います。

しかし、そうはならないのがFXの世界です。

ひとたび損失が出てしまったら、雪だるま式に損失が増えて行ってしまいますので、損失が出たら一旦トレードを休止して冷静になれる様に、自分をコントロールすることを心がけて頂けたらと思います。

まずは自分を知るところから

 •徹底的にポジポジしてみる

一度検証ソフトかデモトレードで徹底的にポジポジしまくってみて下さい。その時にどんな心境になっているのか、トレード結果がどうなったのかを記録して見返してみて下さい。きっとその後のトレードに良い影響が出てくると思います。

 •損切りしまくってみる

こちらも検証ソフトかデモトレードで意図的に損切りになるだろうと思えるエントリーをしてみて下さい。(私はこれやってかなり改善しました。)

意図的に損切りするつもりでエントリーをして、損切りした後振り返った時に「今までやっていたトレードと同じだ」と思ったのを覚えています。

つまり、利益が出るだろうと思っていたトレードと、損切りしようと思ってトレードした結果が同じだったんです。これを繰り返していると段々このトレードは損切りになるな?とか、ここでエントリーすると損切りになるだろう、と言ったものが見えてくるようになります。

 •資金を全部溶かしてから見えてくる景色

一度では飽き足らず、何度も資金を溶かしていると、今まで見えなかった景色が広がって違った景色が見えてきます。

とはいえ、資金を溶かしてしまうのはつらく悲しいことですが、その経験があってこそ初めて勝てるトレーダーになれるようになりますし、ポジポジ病から脱却するきっかけにもなります。

誰しも資金を溶かしたいと思ってトレードしていないと思いますが、ポジポジ病から脱却して、エントリールールを明確にしたトレードが出来る様になれば資金は徐々に増えていくと思いますので、焦らずに取り組んでいただきたいと思います。

 •時間帯によるボラティリティを理解する

最後になりますが、時間帯によってボラティリティは違います。

関連記事を張っておきますので、是非参考になさっていただきたいと思います。

関連記事

あなたは今戦場のど真ん中に裸で立たされているとします。 地鳴りの様な音とともに背後から戦車が近づいてくる気配を感じています。 さらに目の前の草陰からライフルのレーザー照射で眉間を狙われている状態です。 手に持っているのは[…]

ボラティリティの高い時間帯に絞ったトレードが出来れば、不用意なエントリーも防げますし、ポジポジ病の改善にもなります。毎日同じ時間帯のトレードを繰り返していると、その時間帯に特化したトレード手法が確立されて行きますので、ボラティリティの高い時間帯を意識することは非常に重要だと思っていますので、是非取り組んでいただきたいと思います。

まとめ

自分の勝ちパターンを見つけて、エントリーポイントを明確にすると、再現性を追求した勝てるところでしかエントリーしなくなりますので、自然と中途半端なところでエントリーはしなくなります。

とはいえ、いきなり最初からそれをするのは無理ですし、何も経験がない状態で自分の勝ちパターンを見つける事も出来ません。トレード日記を付けて振り返る、統計を取る、週末相場が閉まっている時は徹底的に過去検証をしてトレードしまくるなどの改善策を試していただきたいと思います。

そして、「ここいいんじゃない?」というエントリーポイントから
「毎回ここしかエントリーしないから」というポイントが見つかってきたら

自然と治ります。

今回は以上となります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

らくらくFX

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう