【FX】日本にもロビンフッダーが急増!?【最先端のフィンテックに乗り遅れないために】

日本のロビンフッダーが急増して最先端のフィンテック時代がやって来るそうです。

そんな時代がやって来ると、FX、株、仮想通貨などの知識は必須アイテムになるでしょう。

我々の資産をスマホアプリで一元管理する時代が来ると言うことは、一体どんな未来が待っているのでしょうか?

何もせずに指をくわえて見ているだけの人は、どんどんと時代の波に取り残されてしまいます。

噂のロビンフッドアプリと、これからのマイナンバーカードと、今から始めておくべき3つのことについて。

つまり銀行預金が知らぬ間に減っているということ?

未曽有のコロナ禍が世界をおそって日本を含む世界中の経済に深刻なダメージを与えています。

政府や中央銀行が積極的に金融緩和を行っている影響で、株価は史上最高値を更新しています。

実体経済とかけ離れたバブル相場はいつはじけてもおかしくない状況です。

それにより物価は上がり、ハイパーインフレが起きて現在の貨幣価値はどんどん下がっていくでしょう。

1万円で買えたものが、来年には2万円になっているかもしれません。

そうなると、今の1万円の価値が来年には半分に目減りしてしまうと言うことになります。

この先お金の価値が下がることを危惧して、現金から株式や債券に投資するムーブメントが起きています。

世界に先駆けてアメリカでは「ロビンフッド」と言うアプリを使って積極的に資金を投資に回しているのが、1982年から1996年頃に生まれたミレニアル世代と言われる人たちです。

フィンテック知らないとかなりやばいです!

アメリカの25歳から40歳くらいの中間層が、ロビンフッドアプリを使って投資ブームを巻き起こしています。

登録者数はすでに1000万人を突破して、プロのヘッジファンドが運用する金額に匹敵するほどの規模にまで膨れ上がっています。

政府から支給されるコロナ給付金をロビンフッドアプリで受け取れる利便性の良さが拍車をかけているそうです。

さらに手数料が無料、無駄を限界まで省いたシンプルな操作性が人気の秘訣だそうです。

これらのアプリは「フィンテック」と呼ばれ、ファイナンスとテクノロジーを掛け合わせた新しい造語です。

分かりやすく言うと、銀行、証券、ATMなど個人のお金の出入りを一元管理することのできるアプリです。

日本では、アメリカに追い付かんとばかりにマイナンバーカードを使って個人情報を一元管理化する動きが政府内にも広がっていて、既に「マイナポイント」では、マイナンバーカードを登録した人に対してスマホ決済のできるアプリに最大5千円の給付金を行っています。

早い人はすでに始めています!

急速に伸びているフィンテック系アプリは、今後マイナンバーカードを使う事により、

公共料金の支払い

税金の支払い

ATMで現金の引き出し

NISAやIDecoの積立投資

FXや株、仮想通貨への投資

などがひとつのアプリで完結できるようになると言われています。

この先インフレが起きてお金の価値が減ってしまうことを想定して、投資の勉強を始めている人も多く、実際に国内のFX、株を扱う証券口座の新規開設者数は急速に伸びています。

緊急事態宣言が1ヶ月延長され、新たな給付金が支給される可能性も出てきました。

政府から帰ってくる我々の税金を、お財布の中で眠らせておいては、どんどんその価値が下がってしまいもったいないと言う発想から、気軽に始められる投資としてFXに挑戦する人が増えてきています。

株は数千銘柄の中から決算書を読み込んで業績を調べて投資判断をしなければいけません。

投資信託も、数ある銘柄の中からどれを選んでよいか迷ってしまい、毎月の積立にした方がいいのか、一括でまとめて買ったらよいのかなど、選択肢が多く、予備知識も必要です。

その点FXは通貨ペアを選んで買い(ロング)か売り(ショート)かの2択です。専門用語も少なく初心者用の本を一冊読んでおけば、大体1日で理解できるシンプルな仕組みになっています。

さらに分からないことがあれば、当ブログの「トレード手法」と言うカテゴリーにFXに関する記事を多数ご用意していますので、参考にしていただけたら大丈夫です。

フィンテックブームの到来へ

この先フィンテック系アプリが日本にもブームを起こすでしょう。

その時に投資?あぶないでしょ?ギャンプルじゃん!

と昭和なイメージを思ったままでいると、あなたの資産は気付かないうちにどんどんと目減りしていきます。

積極的に投資に資金を回す時代が来るからこそ、しっかりとした備えをしておく必要があるのではないでしょうか。

フィンテック系アプリで資産を一元管理する時代になれば、当然投資の知識やスキルは必要になってきます。

今から始めておくべき3つのことで時代に取り残されずに今後到来するインフレリスクを回避することもできるしょう。

今から始めておくべき3つのことは、次回からじっくりとお伝えしていこうと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次回続きはこちらからどうぞ!

関連記事

日本のロビンフッダーが急増して最先端のフィンテック時代が到来すると、その先にはスマホアプリで自身の資産を一元管理する未来が待っています。 フィンテックブームが日本にやって来る前に今から始めておくべき3つのこととは!? 今から始[…]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう