【FX】オアンダの『オーダーブック』が教えてくれること

オアンダの『オーダーブック』(オープンオーダーオープンポジション)をトレードするときに必ず見ています。

結論から言うと

これを見る事により、ポジションの偏りを事前に確認して有利にトレードすることができるからです。

※2021年2月28日以降は口座開設者のみの限定利用となりました。

『オーダーブック』(オープンオーダーオープンポジション)は聖杯なのか?

↓『オープンポジション』とははこんな感じです。

『オープンオーダー』とはこんな感じです。

✅「聖杯」かどうかは別として、それに近いツールであることは間違いありません。

為替相場はランダムに動く性質があるので、

上がるのか?

下がるのか?

予想することは出来ません。

ですが、ポジションの偏りを事前に把握して、

上がりやすい傾向にあるのか?

下がりやすい傾向にあるのか?

予想することなら可能です。

これが確実なら「聖杯」と呼ばれることになりますが、

実際には確実にポジションの偏り通りに価格が推移するわけではありません。

しかし、ポジションの偏りを知ることは、世界中のトレーダーが意識している価格帯を事前に察知することができると言うことなので、個人トレーダーとしてこれほど優秀なツールはありません。

大口がどの価格帯を目指しているのか?

オアンダの「オープンポジション」「オープンオーダー」を使う理由は、大手の金融機関やヘッジファンドがどの価格帯を目指してチャートを作っているのかを事前にある程度予測できることです。

これから目指す価格帯にどのくらいのボリュームの(指値・逆指値)注文が入っているかを、知っているのと知らないのでは雲泥の差です。

ポイント

大手の巨額な資金がぶつかり合う事で、価格が大きく上昇したり下降したりしています。

そんな大口の投資家たちは何を意識してトレードをしているのでしょう?

相場参加者たちが置いている指値・逆指値がどこにあるか?

その価格まで行くと損切りの注文を巻き込んでどこまで価格が進むのかをすべて計算済みでトレードしています。

もちろん損切りオーダーが多く置かれている価格まで「行かせたくない」と考えている人たちも存在していますので、その両者のせめぎあいが行われていることになります。

トンネルの先の景色を事前に知っているということ?

損切りオーダーがどこにどれだけおかれているかを知るには「オープンポジション」と「オープンオーダー」が最強のツールです。

チャート上には表れないポジションの偏りをある程度可視化できるのですから、言ってみればトンネルの先に雪が降っているのか、青空が広がっているのかを事前に知っているのと同じです。

その先に損切りのオーダーが沢山あつまっているポイントがあれば、そこに向けて価格が走り出した瞬間に新規のポジションを建てるだけで勝率はグッとあがります。

損切りオーダーを食い尽くしてもう無くなったと見計らった瞬間に、持っているポジションを手放して利益を得るのも有効なトレード手法です。

移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル分析で相場の偏りを導き出すことも十分可能ですが、「オープンポジション」と「オープンオーダー」を徹底的に分析することで、テクニカル分析は添え物くらいの感覚になるでしょう。

まとめ

オアンダの「オープンポジション」と「オープンオーダー」はFXをやる上で非常に有効です。

大口の機関投資家やヘッジファンドが見ている「相場の偏り」を知ることのできる唯一のツールだからです。

まだ見えていないトンネルの先を見通せる「オープンポジション」「オープンオーダー」を使って、今後は更にブラッシュアップした妻にナイショの『へそくり』トレードを続けて行きたいと思います。

これまで無料で使うことのできたオアンダのオーダーブック。 2月末で無料提供を終了し、利用制限のある「限定品」になるそうです。 私にとってオーダーブックはFXのトレードをする上でなくてはならない重要な存在になっているので、死活問[…]

オアンダジャパン 』の口座開設 はこちらから。

FXトレード初心者の方は『DMM FX 』の口座開設 がおすすめです。

ご意見ご感想がございましたら是非下の『コメント欄』よりお聞かせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう