【FX】順張りと逆張りの違いについて

順張りと逆張りってどっちが正解なの?

チャートを見ていると、自分の目線が定まらなくてどっちを向いているのか分からなくなる時があるけど

そんな時にトレードしても大丈夫なのかな?

もし目線が間違っていたら、とんでもないことになっちゃうかも…

と言う事で、

目線とは

  • チャートが上方向に向かっている様に見えているのか?
  • 下方向に向かっている様に見えているのか?
  • 横ばいに推移している様に見ているのか?

過去の完成したチャートを見れば

上がっていたんだな

下がっていたんだな

と容易に判断が付きますが、

今まさにこれから作られていくチャートの未来を予想してトレードをしている訳ですから

上がっていくだろうな

下がっていくだろうな

と言った目線で見るしかないんですよね。

仮に上方向へ目線が向いていたとしても

そろそろ天井付近だから「売りを仕掛けよう」とか

上がっているのだから、まだ上があるので「買いを仕掛けよう」と

たとえ同じ方向に目線が向いていたとしても

エントリーの判断は人それぞれなんです。

目線が同じでも、その後価格ががどちらへ行くのかの判断の違いが

順張りか逆張りか

の違いになる訳です。

今回は、そんな順張り逆張りの違いについて解説していこうと思います。

順張りと逆張りの違いについて

一般的に順張りが正統派とか、逆張りは難しい

などと言われていて、

どちらの手法でトレードすればよいのか悩まれると思います。

私も散々悩みました。

トレンドフォロー」と言ってトレンドと同じ方向にエントリーすることを「順張り

といいますので、トレンドが発生したら、その波に乗っかって波が収束するまでの間利益を積み上げていくのが順張りのスタイルになります。

しかし、波は上下にうねっている訳で、上がったり、下がったりを繰り返しながら

どちらかの方向を目指して進行していますから、

その波の「上向きだけ」、とか「下向きだけ」をうまくとらえることが出来れば

利益を上げる事ができるはずです。

これが「逆張り」の発想です。

戻り売り」、「押し目買い

と呼ばれる

上がったところで売りを入れ

下がったところで買いをい入れる

と言った手法です。

それでは次章からそれぞれの手法について詳しく解説していきます。

順張りについて

順張り」とは、トレンドが発生している方向と同じ方向にポジションを取ることを意味します。

では、トレンドの発生とは何なのでしょうか?

トレンドの発生とは、上昇トレンド、下降トレンドと言われるようにチャート上で

どちらかに強く傾いて進行している状態の事を指します。

買いの勢いが強ければチャートは右肩上がりになりますし、

売りの勢いが強ければチャートは右肩下がりになります。

そのトレンドに沿って上手に波乗りするのが順張りの正統派スタイルです。

具体的にどんな風にエントリーすればよいでしょうか?

順張りのエントリー方法

今回はデイトレードの時間軸でお話をさせていただきます。

およそ数時間から数日間の保有を目途に、その時間内での波に乗っていくスタイルです。

チャートは「フラクタル構造」になっていますので、数秒から数分でトレードを行うスキャルピングという

超短期の手法でも同じように通用しますので、スキャルピングをメインにされる方は時間軸が短くなったとだけと解釈していただければ良いかと思います。

まず、週足日足を確認します。

週足(しゅうあし)は一週間に一本のローソク足が、

日足(ひあし)は一日に一本のローソク足が形成され、

その集合体が週足チャート、日足チャートとなって表れています。

週足チャートで大まかな相場全体の雰囲気を確かめたのちに、

日足チャートで日々の値動きがどちら方向に傾いているのかを判断します。

週足チャート

日足チャート

画像の赤丸は「高値(たかね)」を表していて、下の青丸は「安値(やすね)」を表しています。

週足チャート」をみてみると、赤丸青丸が揃って右肩下がりになっているように見えます。

逆に「日足チャート」を見ると共に右肩上がりになっているように見えます。

こちらの画像では、週足チャートの中にある日足チャートを表しています。

こうしてみると、右肩下がりになっている週足チャート戻りの部分

日足チャート全体で見ると右肩上がりになっている様に見えています。

と言う事で、この局面では売りを入れられるポイントを探すのが、

順張りの王道手法となる訳です。

そこで、この場面で売りのエントリーポイントを探すとなると

赤丸で示したポイントまでローソク足が下がってきたら売りのショートポジションを取ることになります。

これが順張りの基本的なやり方になります。

逆張りのエントリー方法

では、先ほどと同じチャートを使って「逆張り」エントリーをしてみたいと思います。

のラインでローソク足が反転することを想定して、買いのロングエントリーをします。

日足チャートでは、右肩上がりの上昇トレンドが発生していますが、

週足チャートは下向き、更に日足チャートでも下がったところで反発を狙った

押し目買い

と言った手法になりますので、

逆張り手法の王道パターンになるかと思います。

もし仮にこの場面で「順張り」の買いのロングエントリーをするとしたら、

赤い線を上に抜けた所からになります。

「逆張り」は非常に難易度が高く、上級者向けになりますし

画像の赤丸のポイントで反転せずにそのまま下へ抜けて行ってしまう事もありますので、反転する見極めが非常に難しい手法となります。

レンジ相場での逆張り手法

続いては、レンジ相場での「逆張り」手法の紹介になります。

逆張り手法は、トレンドが発生していない

レンジ相場といわれる状態でのエントリーに効果的とされています。

明らかに上下に行ったり来たりしているだけで、右肩上がりでも

右肩下がりでもなく

横ばい(レンジ相場)

に見えるかと思います。

この様なチャートが形成されると判断した時に

逆張り手法をもちいます。

ではこちらの画像をご覧ください。

赤丸のゾーンで売りを、青丸のゾーンで買いを検討します。

もし赤丸ゾーンを超えて上がって行ってしまったら損切り

青丸ゾーンを超えて下がってしまったら損切りです。

これが逆張り手法のセオリーです。

因みにこの上下のレンジを上か下に抜けてしまった場合

トレンドが発生する可能性が強いため

逆張り手法は中止(損切り)して、順張り手法へと切り替える必要があります

赤丸青丸が逆転しました。

チャートの見えない場所に、ロングエントリーした人の損切り注文と、ショートエントリーした人の損切り注文が置かれています。

上下のエントリーゾーンをブレイクした時には、損切り注文を巻き込んで強いトレンドが発生する可能性が高くなるのです。

相場の転換点を見分けるコツ

順張りはトレンド方向、逆張りはレンジの上下の中を抜く

ならば、トレンドからレンジに移行したり、レンジ相場を抜けてトレンドが発生するポイントがわかれば

順張りか逆張りかの判断が出来るという訳です。

上昇トレンドが終焉を迎え、次のトレンドに移行することがもし分かるのであれば

順張り手法から逆張り手法へ転換することが容易になります。

ドテンが可能になる訳です。

トレンド転換を確認するには

こちらの画像のように高値安値の位置を把握することが大切になります。

関連記事

FXのトレードはほぼ24時間行われていますので、いつでもトレードできるのが最大の利点になります。 ある意味どんな生活スタイルをしていてもトレードできるので万能な投資ツールに思えますが、 いざFXをやり始めてみると、 なん[…]

こちらの記事を参考にして頂ければと思います。

トレンドの転換を確認出来れば

逆張りから順張りへ目線を変更することが容易になりますので、是非参考にして頂ければと思います。

最後に

実は私自身逆張りはほとんどやりません

私のトレードルールは順張りのブレイクアウトが基本となっている為ですが

多くの利益を生み出している凄腕トレーダーさんの手法は

逆張り中心の方が多いように感じます。

どちらもルールを守って適切なタイミングを見極められるのであれば

利益を出すことは出来ますし、順張りと逆張りに良し悪しはないと思います。

ただ、どちらの手法も上手に使えるようになってこそ

勝ちトレーダーへの近道になりますので、両方の手法を熟練の域まで極めて頂ければと思います。

FOREX TESTER 過去検証ソフト

有料になりますが、こちらのソフトで過去検証をすると、

順張り、逆張りのトレード手法に磨きをかける事も出来ますので試していただけたらと思います。

と言う訳で、今回は以上となります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう