【FX】IG証券のノックアウトオプションが理解できない件【普通のFXと何が違うの?】

国内でのFXのレバレッジ規制は25倍と決まっていますが、それ以上にレバレッジを掛けたトレードをしたければ海外口座を開設するか、IG証券のノックアウトオプションを使うのが良いと言う情報を得たのですが、全然理解が出来なくて困ってしまいました。

少ない資金で大きな利益を狙えるノックアウトオプション?

あらかじめ設定した金額以上の損失を発生させないシステム、そんなIG証券のノックアウトオプションですが、ぶっちゃけよく意味がわかりません。

オプションと名が付くからには「先物」的な要素があるのか?

ノックアウト価格を設定するとそれ以上の損失が出ないとの事ですが?

普通のFXトレードとはどんなところが違うのでしょうか?

調べてみました。

ノックアウトオプションとは

エントリー前にあらかじめ設定しておいた「ノックアウト価格」に到達すると、スリッページが発生することなく確実に決済してくれるシステムだそうです。

確かに普通のFXトレードですと、仮に損切りの逆指値を設定しておいても、雇用統計やフラッシュクラッシュの様な急な値動きが起きてしまうと全く約定せずに強制ロスカットされてしまう事になります。

このノックアウトオプションなら100%設定した価格で約定してくれると言う事ですので安心です。

その際にエントリーからノックアウト価格までの値幅に応じて「オプション料」が発生するとの事。

もし100円で買って99円にノックアウト価格を設定した場合と、98円にノックアウト価格を設定した場合とでは、

支払う「オプション料」が変わって来るんだそうです。

エントリーから決済までの値幅が小さければ支払うオプション料も少なくなり、エントリーからの値幅が大きければ支払うオプション料はそれに比例して多くなります。

そのほかにスプレッドも発生するそうですが、もし仮にノックアウト価格に到達せずに決済した場合にはオプション料は返金される仕組みになっているそうです。

なんだかこの時点でよくわからなくなってきたました….

要するにエントリー時に決めた「損切りポイント」で決済された場合は「ノックアウトプレミアム」と言われる手数料を支払い、それ以外で成り行きで決済した場合は支払ったオプション料は返金される、と言うシステムで大体いいと思います。

どんな使い方をするのか?

実際にこのノックアウトオプションをどんな風に使っていけばよいのでしょうか?

IG証券のデモ口座を開設し、初期資金100万円でデモトレードを体験することが出来たので、やってみました。

先ずは通貨ペアを選んで、その通貨ペアのブル(上昇)を買うか、ベア(下落)を買うかの2択になるそうです。

取り敢えずドル円のブル(上昇)の買いを入れてみたいと思います。

PCでログインすると上記の画面からまずはベア(下落)かブル(上昇)を選びます。

その次に「ノックアウト価格」を設定するのですが、ここで設定したノックアウト価格になると100%決済されると言う仕組みで、注文を確定したら一切の変更は出来ないそうです。

今回は104.39円でエントリーして、103.50円になったら損切りをする設定にしました。

※ちなみにエントリーは成り行きのみで指値は設定できないそうです。

そして建てるポジションの量ですが、デモトレードなので試しに100ロットに設定してみました。

すると、一番下のオプション料が「919,000円」と表示され、口座残高100万円以内なのでエントリーが可能になる仕組みみたいです。

※通常のFXだとドル円を100ロット建てようと思ったら、証拠金が400万円程度必要になり、証拠金維持率を保つ為にその2倍から3倍程度の口座残高が必要になりますが、このノックアウトオプションだと口座残高が100万円ならその範囲内での支払える限界までポジションを建てられるみたいです。

※もしこのトレードでノックアウト価格に到達したら、919,000円のオプション料を支払うことになり、口座残高の100万円のほぼすべてを一回のトレードで失う事になります。

更に決済指値、つまり利益確定までの幅を「100」としましたので、エントリーから100pips上昇したら自動的に決済してくれるみたいです。

※仮にこのトレードで決済指値まで価格が上昇した場合は100万円の利益になるみたいです。

まとめ

海外口座でハイレバレッジトレードをやるのと変わらないパフォーマンスを出せるIG証券のノックアウトオプションに挑戦してみました。

最初はノックアウトオプションの意味がさっぱり分かりませんでしたが、要するに口座残高ギリギリまでポジションを建てられて、しかも設定した損切りラインで100%損切りが施行されるので、追証になることもなく、国内のレバレッジ25倍以上のポジションを建てられるメリットがあることが分かりました

取引プラットフォームはPCとスマホと連動していて、どちらからでもエントリー、決済が可能でした。

エントリー時にノックアウト価格を設定しますが、別にその価格にならなくても成り行きで決済は常時可能ですし、ノックアウト価格より手前に逆指値を設定することも出来ましたので、フラッシュクラッシュの様な急な値動きが起きた時の保険としてノックアウト価格は設定している感覚がしました。

口座残高ギリギリまでポジションを建てられる半面、思惑と逆行してノックアウト価格ですべてを失ってしまうスリルがたまりませんが、うまく行けば通常の国内のレバレッジ25倍のトレードよりも何倍ものリターンが得られることになりますので、いざと言う時、ここぞと言う時に瞬時にポジションを建てられるようにリアル口座を開設して、少しの金額だけでも入金だけしておこうかな?と言う気になりました。

いずれにしても、投資は余剰資金でやるものですし、失っても良いお金でやるのが良いとされています。

ですので、この口座に入金したお金はなくなっても大丈夫なお金にして、ココは確実に上がるだろう!もしくは確実に下がるだろう!

と思えるチャンスが到来したら全力でポジションを建てて大きな値幅を得たいと思いました。

そんなチャンスが来るまでもう少しデモトレードを継続して大きな金額のやり取りにも慣れて行けたらと思います。

現在タイタンFXのレバレッジ500倍デモトレードと、IG証券ノックアウトオプションのデモトレードを同時進行中です。その中で気づいたこと、感じたことなどを随時アップして行けたらと思っていますので、お時間のある方は引き続き読んでくださるとうれしいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう