【FX】デイトレードでその日のポジションはその日のうちに片づけましょう!

こんにちは、たけんちです。

スキャルピングをやるにはPCの前に張り付いてローソク足の値動きを固唾をのんで見続けなければいけないし、スイングトレードだと寝ている間に相場が変動して損切りになってしまうことがあります。

デイトレードでポジションを翌日に持ち越さずに、その日に建てたポジションはその日のうちに手仕舞えるのが理想的ですが、そんなにうまくはいかないんだよなぁ~というに方に是非読んでいただけたらと思います。

デイトレードのコツ

デイトレードのコツは、ズバリエントリーする時間をあらかじめ決めてトレードをすると言う事です。

値動きの大きくなる時間帯に絞ってエントリーをすることで、決済するまでの時間も限られてきますので、効率的なトレードを行う事が可能になります。

では、いつエントリーすればよいのでしょうか?

3大市場の値動きの特徴を知る

関連記事

FXのトレードはほぼ24時間行われていますので、いつでもトレードできるのが最大の利点になります。 ある意味どんな生活スタイルをしていてもトレードできるので万能な投資ツールに思えますが、 いざFXをやり始めてみると、 なん[…]

※3大市場の特徴について書いた当サイトの関連記事になります。

3大市場とは、東京、ロンドン、ニューヨークの事を表しています。

それぞれの市場が開いている時間帯の、更に値動きの良い時間にピンポイントを当てて効率的にデイトレードを行う事が出来るようになります。

なぜなら値動きの少ない時間帯にポジションを保有していたのでは、いつ決済して良いかの判断が出来ないばかりか、いざ値動きの良くなる時間帯にトイレに行っていたり、食事をしていたりしてチャートを見ていない可能性も出てきてしまい、折角のチャンスを棒に振ってしまうからです。

では、3大市場のいつデイトレードをするのが良いのでしょうか?

  1. 東京仲値と呼ばれる朝9時半から10時の間
  2. 欧州市場がオープンする16時から20時の間
  3. アメリカの指標が発表される22時台
  4. ロンドンフィックスがある23時半から24時の間
  5. ニューヨークのカットオフタイムの23時半から24時の間

一日の中でこの時間帯以外は突発的な出来事さえ無ければ、市場参加者が積極的に売買をしていない時間帯になりますので、値動きはよくありません。

デイトレードに必要となる値動きは、ほぼこの時間帯に集中していますので、毎日この時間帯だけトレードをするスタンスでいれば、デイトレードは完結させることが可能になります。

どれだけの値幅を狙えるのか?

時間的に数十分から数時間の保有を想定しますので、10pips~30pipsが目安になると思います。

大きなトレンドは追いかけず、トレンドやレンジの中の上下の幅を取りに行くイメージです。

ですので、最初から100pipsを取りに行くトレードは考えず、10~30pips取れるだけの値幅がある時間帯に集中してトレードをすることで、効率よく利益を上げられるようになるはずです。

損切り幅も同じ10~30pipsを目安にすればおのずとトレードの精度も上がるのではないかと思います。

どの時間軸でトレードするのか?

一日の内の値動きの良い時間帯に集中してトレードするのですから、エントリーから決済までは長くて2~3時間、短ければ数十分で完結して、なおかつ10~30pipsの値幅を取りに行くのですから、見るべき時間軸は15分足、30分足、1時間足になると思います。

日足や4時間足では一本のローソク足の中で行われている値動きを判断する事が難しく、1分足や5分足では値動きが早すぎてトレードの判断にぶれが生じてしまいます。

30分足で2~3本、1時間足でも2~3本の間のどこかの値幅を取れれば御の字くらいのスタンスで、朝9時30になったらあらかじめ決めていたラインからエントリーをするとか、16時半から欧州が動き出した方向に順張りでついていくとか、ロンドンフィクスやニューヨークカットの時間帯も基本は順張りが機能すると思いますので、急に大きな値動きが生じた時には、素直に同じ方向に乗って行けば短い時間で10~30pipsの利益を得て、値動きが小さくなったと同時に迷わず手仕舞いをして、あとはPCを閉じてぐっすりと眠ることが出来るのではないかと思います。

らくらくFX

まとめ

デイトレードをするには時間帯を絞ってトレードをすることと、見るチャートの時間軸を定める事、得られる値幅と損切り幅をあらかじめ決めておいて、利を伸ばそうと考えたり、損切りを先延ばしにすることが無ければ大きなやられにつながることもありませんし、エントリーの精度次第では着実に利益を積み上げて行けるのではないかと思っています。

更に、もし損切りが続いてしまっても、デイトレードでは翌日にポジションを持ち越すこともありませんので、大きな損失を計上することにもなりません。

値動きの良い時間帯だけに集中して小さな値幅から取れる様になっていただけたら、デイトレードの精度も上がってよりよいトレードに繋がるのではないかと思っています。

と言う事で今回は以上となります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

MATRIX TRADER

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう