【FX】正しいリスクリワードの方法と資金管理について【さんざん試して負け続けた僕が伝えられること】

リスクリワードをどんな比率に設定してトレードをするのかは難しいですよね。

結論から言うと

リスクリワード1対1を推奨している本などたくさんありますが、それではほとんど利益が出ず、連敗すると資金がマイナスになってしまいます。

少しずつ比率を変えて試しても、しっくり来る比率にはたどり着けません。

どんなリスクリワードの方法が良いのか、リスクリワードは何対何にするのが正しのでしょうか?

リスクリワードとは何なのか?どんな方法があるのか?

リスクリワードとは

利益と損失の割合(比率)の事を指します。

リスクリワードの計算方法

勝ちの平均額÷負けの平均額=リスクリワードです。

ポイント

何回勝って何回負けたのか、その平均金額がいくらだったかを知ることです。

例えば10回トレードをして、5勝5敗の勝率は5割です。

リスクリワード1対1で勝率5割だと利益は0円になります。

全体の資産に対してどれだけリスクを取りに行くのか?

仮に口座資金100万円として、あなたならその内のいくらをリスクにさらしますか?

フルレバレッジですべてを賭ければリターンは大きいですが、リスクも大きく一発で退場することも可能です。

しかし、リスクリワードを考慮したトレードを心がけていれば、一発で退場してしまうリスクを避けて、資金を分散しながらトレードを行うことができるようになります。

リスクリワードは大勢のトレーダーが意識している「資金管理」と呼ばれる手法の一環です。

これからご紹介する方法を是非参考にして頂けたらと思います。

最初から何対何と決めてしまってよいのか?

リスクリワードを1対1と決めてトレードをした場合、勝率5割だと利益は出ません。

では、利益を出すためにはどうしたらよいのでしょうか?

ズバリ、勝率を上げるか、リスクリワード比率を変えるかのどちらかです。

勝率を上げるには、当然ながら手法の確立が必要です。

安定して勝率5割以上を目指すには、過去検証をして再現性のあるトレードを繰り返す必要があります。

↓フォレックステスターなどを使いしっかりと手法の検証を行ってください。

『勝率』『リスクリワード』のバランスをとることで、利益を出すトレードが実現可能になってきます。

正しいリスクリワード比率」を導き出すには、

ポイント

手法が確立されて再現性のあるトレードができていること

が重要になります。

勝率が安定してくれば、その勝率に合った最適なリスクリワード比率を出せるようになります。

相場の傾きをチャートから導き出すリスクリワードの方法

『相場の傾き』『ポジションの傾き』などと言う言葉があります。

相場には買い目線の人が多いのか?

売りの目線の人が多いのか?

どちらのポジションを持っている人が多いのか?

を知ることによって、勝率を安定させることが出来ます。

では、勝率が安定するようになったらどのくらいの比率でリスクリワードを設定していけばよいのでしょうか?

Twitter、YouTubeでは様々な人がFXの情報を提供してくれています。 リアルタイムでいつでも情報を手に入れる事が出来るので、ついついSNSに流れている情報を鵜呑みにしてしまいがちですが、正直その情報の信頼性って確かですか?[…]

リスクリワード何対何が正しいのか?

リスクリワード1対1以外で利益になる比率は?

リスク1」に対して「リワード2」にするとどうなるでしょう?

同じ勝率5割の場合10回トレードをして「リスク5」「リワード10」になり、「5の利益」を出すことができます。

しかし、実際にこの方法でトレードをしても、利益を出すことはむずかしいでしょう。

リスクリワード1対2は利益2倍のトレードだから簡単なように見えますが、200pipsの利益を出すことと、100pipsの損失を出すこととどちらが簡単だと思いますか?

当然100pipsの損失を出す方がはるかにエントリーから近いので簡単です。

と言うことは、この方法だと損切りの回数が増えてしまい、勝率5割を保てなくなる可能性が出てきてしまいます。

リスクリワード10対1だとなぜコツコツドカンになるのか?

そこで考えるのが、利益確定までの距離を極端に狭くして、損切りまでの距離を広くする方法です。

仮に「リスク10」、「リワード1」でトレードした場合、同じように勝率5割のトレードだと「リスク50」、「リワード5」となって「45のマイナス」になってしまいます。

仮にエントリーから損切りまでを100pipsとして、

利益確定までを10pipsとした場合、

勝率は確実に上がるでしょう。

するとどんな現象が起きるかと言いうと、9回勝って1回負けるコツコツドカンと呼ばれる現象が起きてしまいます。

つまり勝率9割のトレードをしたとしても、

9回勝って90pipsを手に入れて、

1回負けて100pipsの損失が出るので、

最終的には10pipsのマイナスになってしまいます。

勝率を考える

利益確定を早くすれば、勝率は上がります。

それによって『コツコツドカンの現象』が起きてしまうので最終的には利益がでないトレードになってしまいます。

勝率5割で『リスクリワード1対1』にすると利益が出ず、『リスクリワード1対2』にすると今度は勝率が下がってしまいました。

では、今度は勝率は下げて利益を出すリスクリワードにするにはどうすればよいのでしょうか

勝率4割でトレードをした場合、

10回のトレードで、4勝6敗になります。

このときリスクリワードを1対2にすると利益が出ます。

エントリーから損切りまでが100pips

利益確定までが200pipsに設定した場合

損切り600pipsになるので、

利益確定800pips

200pipsの利益が残ることになります。
 

勝率を上げることができるのか?

勝率を上げる為には利益確定を早めて少ない利益を積み上げていくことが効果的です。

そこで、わずかな利益で決済を繰り返すスキャルピングは有効な手法です。

スキャルピングに相性の良いFX会社を探している方へ この口座なら、わずかな値動きを利益に変えられます。 なぜなら、ワンクリック取引、約定スピード最速0.001秒、 スキャルピングに特化した機能が豊富だから誤入力・誤発注が[…]

スキャルピングは少しでも逆行したら損切り注文を出せる様に常にチャートを監視し続けていなければなりません。

金融機関のディーラーか専業トレーダーにならないとスキャルピングでトレードすることはなかなか難しいでしょう。

会社員や学生の方にはデイトレードかスイングトレードがおすすめです。

相場はフラクタルにできているので、大きな時間軸で勝率を上げる手法を確立できれば、スイングトレードでも最適なリスクリワードを導き出すことができます。

関連記事

こんにちは、たけんちです。 今回は「フラクタル構造」について解説してみたいと思います。 「フラクタル構造」とは フラクタル構造 wikipedeia 引用 [フラクタルの特徴は直感的には理解できるものの、数学的に厳[…]

例えば損切り30pip、利益確定60pipsで『リスクリワード1対2』に設定して勝率4割で20回トレードしたとします。

すると、損切り12回で360pips、利益確定8回で480pipsとなり、120pipsの利益が残ります。

しっかりとリスクリワードを守り、勝率4割が狙えるエントリーポイントに絞ったトレードを心がけることで利益の出る『リスクリワード』にたどり着けます。

具体的に何対何が良いのか?(勝率とのバランスを知る)

勝率4割で『リスクリワード1対2』に設定しても利益を出せることが分かりました。

仮に勝率3割で『リスクリワード1対3』にしても可能ですが、かなりエントリー回数が絞られてくることが予想されます。

利益を損失の3倍まで伸ばせる「握力」を得る為には、相当な心理面での訓練も必要になってきます。

どうしても「損失は先延ばしにして利益確定を早めてしまう心理(プロスペクト理論)」が働いてしまうので、難易度はかなり高くなります。

もしも勝率6割でリスクリワード1対1.2~1.5の手法があれば、理想的です。

TFブレイクアウト」と言う本には勝率75%、リスクリワード1対1.2を理想とすると書かれてあります。

非常に簡単で明快な手法ですので、もしよければ参考にしていただければと思います。

関連記事

こんにちは、たけんちです。 今回は、伝説のトレード本、「TFブレイクアウト!」を徹底解説したいと思います。 タイトル 「TFブレイクアウト! 明確なルール、明快な売買」 著者 トウキョウフォックス […]

なぜそのリスクリワードになるのか?

頭と尻尾はくれてやれと言われる理由

ポイント

リスクリワードを考えるとき、なぜその比率になるかは非常に重要な問題です。

頭と尻尾はくれてやれ」と言われる相場の格言は、相場の上げ下げすべてを取ろうとすると、うまく行かないという格言です。

格言通り相場からほんのわずかな美味しいところだけ頂ければ十分と考えるのが賢い選択ですし、正しい判断になります。

おいしいところ取りをするためには、リスクを少なく、リワードも少なくせざるを得なくなってしまいます。

勝率を上げるとリスクリワードが悪くなる理由

当然勝率を上げることで利益を積み上げられると考えがちですが、そうはならないのは既にお気付きの通りです。

いかにしてリスクリワードをコントロールしていくかがカギとなるからです。

ポイント

一貫したリスクリワードにこだわるのではなく、その場その場の相場の状況を見ながら決めていくスキルが求められるからです。

これから相場が荒れそうだからリスクを少なめにしようとか、相場の勢いが良く波に乗れそうなのでリワードを多めに取ろうとか、そんな具合に臨機応変に考える柔軟性が必要です。

相場全体の雰囲気を感じながらリスクリワードをコントロールして行けるようになれば、自然と適切な『勝率』と『リスクリワード』のバランスが見えてきます。

まとめ

『リスクリワード』をどの比率に設定してトレードをするのかは難しい問題です。

今使っている手法の『勝率』によっても、『リスクリワード比率』は変えていかなければなりません。

相場の傾きを読んで『リスクリワード比率』を柔軟に変更することも大切です。

仮に『リスクリワード1対1』だと利益が出ないことが分かりました。

『リスクリワード10対1』にするとコツコツドカンになってしまいました。

勝率4割『リスクリワード1対2』に設定したトレードで利益が出るトレードになりました。

過去検証やデモトレードを使って『勝率』『リスクリワード』のテストを徹底的に繰り返してみて下さい。

自分に合った『勝率』『リスクリワード』を見つけ出す旅はまだ始まったばかりです。

関連記事

自分の勝ちパターンを見つけるのって難しいですよね。 結論から言うと FXトレード・フィナンシャルのMT4を使うことで様々なインジケーターを自由自在に追加して、自分に合った分析手法がみつかります。 FXト[…]

オアンダジャパン 』の口座開設 はこちらから。

FXトレード初心者の方は『DMM FX 』の口座開設 がおすすめです。

ご意見ご感想がございましたら是非下の『コメント欄』よりお聞かせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう