はじめてのFX自動売買ツールはoanda(オアンダ)の【市場開始レンジ戦略】がおすすめな理由

FXで自動売買(EA)をはじめたいと思っても、どんなロジックや手法を使ったプログラムを選んでよいのか難しいですよね。

「月利〇〇%」とか、「有名トレーダーが開発した」など様々なEAが世に出回っていて、その中から本物を見つけだすのは至難の業です。

結論から言うと

大手FX会社が無料で提供するoanda(オアンダ)の【市場開始レンジ戦略EA】が、はじめての自動売買には最適です。

『売買判断』、『決済ルール』がしっかりと設計されていて、MT4上で実際に自動でエントリーと決済する様を体験することができるからです。

この記事を読むことで

・「市場開始レンジ戦略」がどんなロジックなのか?

・自動売買のメリットとデメリットとは?

・MT4で自動売買をはじめるEAの設定方法

・取引履歴を毎日チェックできることの重要性

を知ることができます。

ぼくも昔はFXの自動売買にはかなり怪しげな印象を持っていましたが、今では安心して自動売買をはじめることができています。

メンタルも落ち着き、平穏な日々を送りながらトレードできるのは嬉しいですよね。

そんな僕の「はじめてのFX自動売買ツールはoanda(オアンダ)の【市場開始レンジ戦略】がおすすめな理由」を徹底的にご紹介します。

はじめてのFX自動売買ツールはoanda(オアンダ)の【市場開始レンジ戦略】がおすすめな理由

こんなEAです
oanda(オアンダ)の口座開設者に無料で提供している自動売買【市場開始レンジ戦略EA】とは、東京、ロンドン、ニューヨークの各市場の序盤のレンジを抜けて、方向感が出てきた方にポジションを保有する戦略です。

実は超正統派順張り手法なんです!

それでは【市場開始レンジ戦略EA】の詳しいロジックや手法を見ていきましょう。

■その1

・各市場(東京・ロンドン・ニューヨーク)の開始から30分間の値幅を「市場開始レンジ」とする

「市場開始レンジ」をブレイクした方向にロング・ショートを決定

■その2

「市場開始レンジ」をブレイクする

「設定した値幅(デフォルト1pip)」を超えたあと

15分間その価格帯にとどまっている

・トレンドが継続していると判断し、エントリーが発動

■その3

「損切り値」は市場開始から30分間の値幅(市場開始レンジ)の高値か安値

(ロングエントリーした場合は市場開始レンジの安値)
(ショートエントリーした場合は市場開始レンジの高値)

「市場開始レンジ」を逆行するということは、トレンドが転換したと判断できるからです。

✅損切りになった場合

・損切りしたポイント(市場開始レンジの高値・安値)から

・設定した値幅(デフォルトは2pips)を超えて15分間その価格帯にとどまっている

2回目のエントリー(ドテン)が発動

■その4

「市場開始レンジ」から上下どちらかへブレイク

・設定した値幅(デフォルトは1pip)を超えたあと

15分間その価格帯にとどまらず逆行

エントリーしない

■その5

「市場開始レンジ」終了から150分(2時間半)の間に条件がそろわなければエントリーしない

■その6

・エントリー後利益確定(デフォルトは15pips)、損切り(市場開始レンジの高値・安値)に到達しない場合

その市場が終了する時刻に決済が行われる

【市場開始レンジ戦略EA】がどんなロジックなのかお分かりいただけましたでしょうか?

※もう少し詳しく知りたい方は下の動画をご覧ください。

▼動画で「市場開始レンジ戦略EA」のロジックをわかりやすく説明▼

自動売買【市場開始レンジ戦略EA】のメリットとデメリット

【市場開始レンジ戦略EA】は、市場開始からのトレンドが継続していると判断できれば自動的にエントリーしてくれる優れたシステムです。

とはいえ裁量トレードでこの手法を行おうとすると、常にチャートを監視していなくてはならず、トレード以外のことが一切できなくなってしまいます。

自動売買のメリット
自動売買にすれば、設定されたこれらの条件を満たしたときに、確実にエントリーしてくれるので、チャート画面に張り付いていなくてもトレードチャンスを逃すことがありません。

レンタルサーバー上でMT4を起動させておけば、自宅のPCを立ち上げていなくても3市場全てにこのEAを設定させておくことが可能です。

関連記事

FXの自動売買をはじめるのに「レンタルサーバー」への加入は必須です。 とはいえどんなレンタルサーバーがよくて、どのプランを選べばいいのかは正直複雑すぎてよく分かりません。 ひとたびレンタルサーバーに加入すると、毎[…]

自分が見ていないときでもルールに従ってトレードを遂行してくれるのが嬉しいですね。

デメリットとして、ロンドン市場の初動は東京市場の逆方向に相場が向かう傾向にあるので、市場開始から30分間の値幅を簡単にひっくり返されてしまう可能性が高く、このロジックの有効性が発揮されません。

ニューヨーク時間の指標発表時には、急騰急落の恐れがあるためEAを一時停止させる必要があることなどもデメリットとしてあげられます。

MT4で自動売買をはじめる方法(口座開設とEA設定方法)

自動売買【市場開始レンジ戦略EA】を使うには、oanda(オアンダ)ジャパンに口座開設 している必要があります。

✅口座開設者であれば、無料でダウンロードして使用することができます。

MarketOpenEA利用マニュアル

こちらのサイトにメールアドレスを登録後、送られてきたメールに従って設定するだけで【市場開始レンジ戦略EA】をはじめることができます。

1.ダウンロードしたファイルをMT4の「データフォルダ」→「MQL4」→「Experts」にコピー貼り付けをして、MT4を再起動。

2.再度立ち上げたMT4の「ナビゲーターウィンドウ」にある「エキスパートアドバイザ」→「MarketOpenEA」をお好みの通貨ペアのチャート上にドラッグアンドドロップ。

3.チャート右上に「MarketOpenMA☺」が表示されていたら、EAが正常に起動している証拠です。

※このEAの設定を変更したい場合は、MT4のチャート上で右クリックして、「エキスパートアドバイザ」→「設定」を表示します。

▼MT4の設定画面の詳細(デフォルト)は以下の通りです▼

※ぼく個人は開始・終了時間を1時間早めて朝8:00~8:30のレンジで決済を16:00にしています。

デフォルトでは東京時間の設定になっていますので、ロンドン、ニューヨーク時間に設定したいときには、「レンジ開始時刻」などを変更します。

この他にもロット数、利益確定までの値幅、許容するスプレッドの変更も可能です。

過去の取引履歴をチェックできる

自動売買で一番気になるのが、継続的にそのロジックが通用するのか?といったことになります。

バックテストではある一定期間のみ素晴らしい成績を収めていても、その他の期間に全然機能していないなんてことはよくあります。

こちらのページで「市場開始レンジ戦略」の市場ごとの取引履歴を毎日確認することができます。

これを見れば、このロジックが「机上の空論」ではなく、しっかりと今の相場で機能していることが分かります。

注意
ニューヨーク時間に関しては、ユーロカナダとドルカナダしか取引履歴が公表されていません。

※雇用統計やFOMCなどイベントリスクを避けるためと推測します。

※東京時間とロンドン時間は、各通貨ペアの取引履歴が公開されています。それぞれどのくらいのパフォーマンスを出しているのか把握しながら設定する通貨ペアを選択することをおすすめします。

まとめ

大手FX会社のoanda(オアンダ)ジャパンの【市場開始レンジ戦略EA】は、口座開設者に無料で提供しているEAなので、はじめて自動売買に挑戦する方におすすめです。

そのロジックは、各市場開始から30分間の値幅から、上下どちらかに抜けた方向に一定期間価格がとどまっていたら、エントリーするといったシンプルなものです。

とはいえ、市場開始から30分間の各通貨ペアの値幅を計ったり、その後どちらに価格が進んで、どれだけ滞在しているかなど、裁量でトレードするには非常に時間と労力がかかってしまい大変です。

自動売買ではこのような裁量では難しかった手法を簡単に行うことができるメリットがあります。

しかし、相場の急変動に対応できない点や、通貨ペアによって相性の良くない時間帯があることもデメリットとしてお伝えしてきました。

これらの点を踏まえても、はじめてFX自動売買をするには、高額で販売されているものや、無料でも不正なプログラムが入っているかもしれないものと比べると、安心して取り組めるメリットがたくさんあることもご理解いただけたのではないでしょうか。

もしこの記事を読んでFX自動売買をはじめてみようと思われた方は、oanda(オアンダ)の【市場開始レンジ戦略EA】を是非試していただけたらと思います。

※開始2週間後の収支報告です。現段階ではポンド円のポジションが全て損切りになっていたので、設定からポンド円とポンドドルを外しました。<2021.4.22>

オアンダジャパン 』の口座開設 はこちらから

FXをこれから始める方は『DMM FX 』の口座開設 がおすすめです。

ご意見ご感想がございましたら是非下の『コメント欄』よりお聞かせください。

関連記事

『自動売買』をはじめてみたいと思っても、最初の一歩がなかなか踏み出せない方も多いですよね。 すでに大手の金融機関がAIトレードを主軸にしているように、個人投資家も裁量トレードから自動売買へシフトする流れになってきています。 […]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう